富士山南麓 農活【農業活動】日記

富士山南麓でお茶と野菜を作っています。
畑の管理記録をかねて、日々の作業を残していこうと思います。
<< 冬から始める!「ハーブ寄せ植え」 おススメはコレ! | main | エディブルフラワーをお庭で育てるならコレ!食用花のおススメ >>
家庭菜園で失敗しない! 超簡単な野菜を教えます。
0

    野菜は手間をかけて大事に育てないと美味しくならないというイメージがありますよね。こまめな水やりに、追肥、虫除けは面倒くさい!そんな思いからなかなか野菜づくりを始められないというお悩みはありませんか?ここでは毎日忙しい人でも手軽に園芸を楽しめるよう、放っておいてもぐんぐん育つ野菜を紹介します!

     

     

     −−− にんにく −−−

    植え付け 9月頃
    ポイント 水はけのいい土で育てるのが◎
    ほったらかし度★★★

    9月の植え付けを逃さなければあとは勝手に育っていくにんにくは、まさに初心者向け野菜のレジェンド。あまり水を多くやり過ぎると根腐れしてしまうので土が乾いた時に水やりするだけでOK。にんにく自身の香りが虫を寄せ付けないので虫除け対策も無くて大丈夫です。12月と2月、3月に追肥をすれば根が太ります。これが面倒ならばしなくても育ちますが、根は小さくなります。次の年の6月頃には葉が数本枯れはじめ、それが収穫の合図です。肉料理や魚料理など、香りづけに欠かせない名脇役ですね。

     

     

     

     

     −−− 明日葉 −−−

    植え付け 4〜5月頃、10〜11月頃
    ポイント 水はけのいい園芸用の土でよく育つ
    ほったらかし度★★★★

    収穫してもその名の通り、明日には葉が生えてくる明日葉。苗を買ってきたら2,3時間根を水につけてから植え付けます。畝の上にポンと苗をおき、根に土を軽く被せてから水をたっぷりあげれば植え付け完了です。あとは直射日光を避け、風通しのいい日陰に置いておけばぐんぐん育っていきます。若い葉が出てきたら収穫して天ぷらやおひたしにして食べるのがオススメです!収穫後も若い葉がどんどん出てきますので4,5年楽しむことができます。

     

     

     

     −−− ミニトマト −−−

    植え付け 4〜5月頃
    ポイント 苗どうしの風通しをよくし、水やりし過ぎない
    ほったらかし度★★★★★

    元気のいい苗を野菜栽培用の土に植え付けます。苗と苗の間を20センチほど間隔をあけ、風通しをよくします。水をやりすぎると根腐れをおこしたり、実が美味しくなくなったりします。ほったらかしでも水を求めてどんどん根を伸ばし、防衛本能から実が甘くなります。ミニトマトは可愛がりすぎない方がたくましく美味しく育ちます。パスタやサラダ、グラタンなど、いろんな料理に大活躍してくれますね。

     

     

     

     −−− スペアミント −−−


    種まき 3〜6月頃
    ポイント 他の野菜やハーブと一緒に育てない
    ほったらかし度★★★★★

    半日陰の風通しがいい場所に置いておけばどんどん増えていきます。用土もこだわらず、暑さや寒さにも強いので簡単に栽培できます。しかし、生育が大変旺盛なので、寄せ植えすると根を張りめぐらせすぎて他の野菜やハーブを弱らせてしまうことがあります。そのため、スペアミントは単独で育てましょう。ハーブティーやアロマオイルにしたり、スイーツのアクセントにもなるスペアミントの香りは気持ちをさわやかにリフレッシュさせてくれます。

     

     

     

     −−− サツマイモ −−−

    植え付け 4〜6月上旬頃
    ポイント 肥料はあげない!
    ほったらかし度★★★★★

    畝を作り、苗を植えるだけで梅雨の雨を浴びてどんどんつるが伸びてきます。苗を浅く植えると数は少なくひとつひとつが大きなお芋に。深く植えるとたくさんの小さなお芋ができますのでお好みでどうぞ。サツマイモは痩せた土でよく育ちます。肥料をあげてしまうと葉ばかり繁って芋が痩せてしまうのでご注意を。安納芋やシルクスイートなど、どんな品種でも育て方は同じなので好きなものを選べるのもいいですね!

     

     

     

     −−− ショウガ −−−


    種まき 4〜5月頃
    ポイント 痩せた保湿力の高い土に植え付けたら肥料をたっぷり1回やるだけ
    ほったらかし度★★★★

    ショウガはタネショウガを買ってきたら、数日間日光にあてて芽を出します。その後痩せた土にタネショウガを植え付け、水はやらずにほったらかしにします。芽が地表に出て葉が茂りはじめたら水をやり、鶏糞などの有機肥料をたっぷりかけ、敷きわらをします。あとは土が乾かないよう程度に水をやりながら葉が枯れ始める10月を待ちます。茎が黄色くなったら収穫の合図です。

     

     

     

     −−− 忙しい人でも家庭菜園は楽しめる! −−−

    いかがでしたか?ほったらかし度の★が多いほど手を加えなくても勝手に育つ力が強いです。逆に★が少ないものについてはやや手をかけるとより美味しくなるものです。野菜の強い生命力を見ていると、元気が湧いてきますね。忙しい中でも家庭菜園を楽しみ癒されたい、そんな思いを叶えてくれる野菜がたくさんあります。あなたのライフスタイルに合わせて野菜づくりを楽しんでみてください。

    JUGEMテーマ:農業

    | しみー | 家庭菜園 | 13:50 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE