富士山南麓 農活【農業活動】日記

富士山南麓でお茶と野菜を作っています。
畑の管理記録をかねて、日々の作業を残していこうと思います。
サツマイモの収穫 はじめました〜♪
0

    6月からほぼ、ほったらかしだったサツマイモ畑ですが、いよいよ収穫の時期がやってきました!

     

     

     −−− 収穫準備 −−−

    芋ツルで覆われていたサツマイモの畑ですが、収穫前に手鎌でツルを切っておきます。

     

       〜芋ツル最盛期〜

      〜芋ツル切り 2週間後〜

     

    切った芋ツルがしんなりしてきたのを見計らって、収穫作業スタートです!

     

     

     −−− 今年の出来はどうかな??? −−−

     毎年のことですが、今年の出来は掘ってみないとわかりません。

    事前に試し堀りした時には良く育っていたので、悪くはないと思いますが・・・

     

    畝山のマルチをはがして、土を掘っていくと、

    まるまる肥えたサツマイモがザックザク出てきましたよ〜

     

     今年は畑をフルマルチングで覆ったので、ツル先から根付くこともなく栄養が芋に集中したようです。

    大きく育ったサツマイモがたくさん出てきました!

     

     

     −−− 天日干し −−−

     掘り出したサツマイモはそのまま半日ほど畑に転がしておきます。

    表面の土が乾いてパラパラと落ちてくれます。また乾燥しているほう傷みにくく保存に適しているので、なるべく表面の水分を飛ばしておきます。

     

     

     −−− 熟成して甘さMAX! −−−

     もともと甘さの強い「べにはるか」なので掘ってすぐに食べてもおいしいんですが、熟成させると別次元のおいしさに変身します。

    収穫から3〜4週間程度、常温で保存することで芋のデンプンが糖化(熟成)していきます。完熟の目安は、芋がしんなりしてちょっと柔らかくなった頃です。 これで芋の蜜トローリ&シットリの甘い焼き芋が作れます!

     

     ただし熟成は常温でお願いします。サツマイモは寒さに弱いので、10〜20℃の場所に保存しておきます。

    屋外での保存は避けて、玄関や台所などでの保存がおススメです!

    ※5℃以下になると冷気にあたって傷みがはじまってしまいます。ご注意下さい。

     

     

    寒い冬にはあったか〜い「焼き芋」がおいしいんですよね〜

    蜜たっぷりの甘〜ぃ焼き芋を作るには収穫後にちょっと我慢。「べにはるか」をしっかりと熟成させて甘さがMAXになってから、おいしくいただきましょう!!

    | しみー | サツマイモ | 23:27 | comments(0) | - |
    さつまいもの畑作り2018
    0

      JUGEMテーマ:農業

       

      今年もサツマイモ栽培がスタートしました。

      苗は3月上旬に種苗店で予約してありますが、5月末納品予定なのでそろそろ畑を作っておきましょう!

       

       

      ●「べにはるか」苗1,000本予約

      ※昨年、甘くて大人気だった品種で収量も多く失敗が少ないので作りやすいと思います。

       完熟させれば蜜が多く出るシットリ系の甘いお芋です。 苗は少し高価ですが、作る価値ありだと思います。

       「べにはるか」の名前の由来は他の芋より”はるか”に甘い!というコトらしいですよ(笑)

       

      ●「にんじんサツマ」苗300本予約

      ※地元の静岡県東部では昔から「切干し芋」の品種として親しまれていて、苗も安価で手に入りやすい。

       特徴的な風味の甘さで、この味のファンも多く私も好きな味です。しかし、収量が少なめで寒さに弱い(傷みやすい)ので、年内に切干し加工する必要があります。通称「にんじん」と呼ばれていますが芋の中身が赤みがかっていてニンジンのような芋です。

       

       

      今年は上記の2種類を作っていきます。

       

       

      ーーー 元肥 ーーー

      まずは畑全体に肥料を散布してかき混ぜます。サツマイモは栄養分が少ない畑でも十分育つ(肥料が多すぎると芋が育たないので注意!)ので、チッソ成分が少ない肥料を入れましょう。

       

      アマゾンで「肥料 サツマイモ」と検索すると色々な種類が出てきます。

      施肥量も10×10mで2kgくらいで十分でしょう。

       

      ーーー 畝立て ーーー

      次に畝立てをしていきます。

      畝間100〜120cm、畝高20〜30cmを目安に、広め&高めで畝を作りましょう。

      サツマイモは乾燥した土を好むので畝は高めに。そして、芋のツルが旺盛に繁殖するので畝間は広めにとっています。

      鍬で畝立てますが、畑が広い場合は耕運機があると便利です。

       ネットで「耕運機 培土器セット」で検索すると色々なメーカーの物が出てきます!

       

      ーーー マルチング ーーー

      ※マルチングは必須ではないのでココは飛ばしてもOKです。

      黒色のビニールマルチを全面に敷きつめます。

      マルチの良いところは、

       |浪垢上がり初期生育が良くなる。

       雨による水分過多を避け病気になりにくい。

       0鬟張襪虜付きを予防できる。→芋が大きく育つ。

       せ草を抑える。草取りが不要になる。 などなど

      マルチは貼るのが大変で費用も多少かかりますが、その分メリットも多いので私は全面マルチをオススメしています。

       

      ネットで「黒マルチ」と検索すると購入できます。オススメはセンターライン入りで穴なしの安いモノで十分だと思います。

       

      以上でサツマイモ畑の準備完了です!

      芋つるが来たら「芋ツルさし」をしていきましょう。

       

      | しみー | サツマイモ | 17:36 | comments(0) | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE